• Psychology of addictive behaviors : journal of the Society of Psychologists in Addictive Behaviors
  • 2016Mar01
  • Vol. 30
  • issue(2)

ソーシャルメディアにおけるギャンブルマーケティングへの暴露と婚約:中等度のリスクと問題のギャンブラへの影響を報告した。

Exposure to and engagement with gambling marketing in social media: Reported impacts on moderate-risk and problem gamblers.

概要
Abstract
会員登録(医師のみ)してログイン
すると翻訳の精度が向上します
近年、ギャンブルやソーシャルメディアによるマーケティングのデジタル広告が増加しており、中程度のリスクや問題のギャンブラーを含む脆弱な消費者への影響は不明です。ソーシャルメディアのプロモーションは、広告の制限や行動規範の外にあることが多く、影響を受けやすいギャンブラーに不公平な影響を与える可能性があります。この調査は、賭博の問題を経験している脆弱なユーザーに焦点を当て、ソーシャルメディアのギャンブルプロモーションやマーケティングコンテンツへのエクスポージャーのリコールとギャンブラーへの影響を調査することを目的としていました。ソーシャルメディアを利用しているギャンブラー(N = 964)は、ソーシャルメディア上でのギャンブル事業者への露出や関与、賭博の重大性、ソーシャルメディアのプロモーションによるギャンブルへの影響を評価するオンライン調査を完了しました。適度なリスクのあるギャンブラーや問題のギャンブラーは、ソーシャルメディアのギャンブルプロモーションにさらされたことを報告する可能性がより高く、これらのプラットフォームを介してギャンブルオペレーターと積極的に関わっていることを示しました。彼らは、これらのプロモーションの結果としてギャンブルを増やしたことを自己報告する可能性が高く、3分の1以上がプロモーションが問題を増加させたと報告しました。この研究は、中程度のリスクのギャンブラーやギャンブルの問題を経験しているギャンブラーがソーシャルメディアのプロモーションによって影響を受ける可能性が高いことを示唆しており、これらは乱れたギャンブルを悪化させる可能性があります。今後の研究では、これらの自己報告結果を行動データで検証する必要があります。しかし、これらの新しいプラットフォームを通じた広告の潜在的な影響は、この行動中毒の形成に潜在的な役割を果たすことを考えると、臨床医と政策立案者によって検討されるべきである。
Digital advertising for gambling and specifically marketing via social media have increased in recent years, and the impact on vulnerable consumers, including moderate-risk and problem gamblers, is unknown. Social media promotions often fall outside of advertising restrictions and codes of conduct and may have an inequitable effect on susceptible gamblers. This study aimed to investigate recall of exposure to, and reported impact on gamblers of, gambling promotions and marketing content on social media, with a focus on vulnerable users currently experiencing gambling problems. Gamblers who use social media (N = 964) completed an online survey assessing their exposure to and engagement with gambling operators on social media, their problem gambling severity, and the impact of social media promotions on their gambling. Gamblers at moderate risk and problem gamblers were significantly more likely to report having been exposed to social media gambling promotions and indicated actively engaging with gambling operators via these platforms. They were more likely to self-report that they had increased gambling as a result of these promotions, and over one third reported that the promotions had increased their problems. This research suggests that gamblers at moderate risk or those experiencing gambling problems are more likely to be impacted by social media promotions, and these may play a role in exacerbating disordered gambling. Future research should verify these self-reported results with behavioral data. However, the potential influence of advertisements via these new platforms should be considered by clinicians and policymakers, given their potential role in the formation of this behavioral addiction.
会員登録(医師のみ)してログインすると翻訳の精度が向上します
近年、ギャンブルやソーシャルメディアによるマーケティングのデジタル広告が増加しており、中程度のリスクや問題のギャンブラーを含む脆弱な消費者への影響は不明です。ソーシャルメディアのプロモーションは、広告の制限や行動規範の外にあることが多く、影響を受けやすいギャンブラーに不公平な影響を与える可能性があります。この調査は、賭博の問題を経験している脆弱なユーザーに焦点を当て、ソーシャルメディアのギャンブルプロモーションやマーケティングコンテンツへのエクスポージャーのリコールとギャンブラーへの影響を調査することを目的としていました。ソーシャルメディアを利用しているギャンブラー(N = 964)は、ソーシャルメディア上でのギャンブル事業者への露出や関与、賭博の重大性、ソーシャルメディアのプロモーションによるギャンブルへの影響を評価するオンライン調査を完了しました。適度なリスクのあるギャンブラーや問題のギャンブラーは、ソーシャルメディアのギャンブルプロモーションにさらされたことを報告する可能性がより高く、これらのプラットフォームを介してギャンブルオペレーターと積極的に関わっていることを示しました。彼らは、これらのプロモーションの結果としてギャンブルを増やしたことを自己報告する可能性が高く、3分の1以上がプロモーションが問題を増加させたと報告しました。この研究は、中程度のリスクのギャンブラーやギャンブルの問題を経験しているギャンブラーがソーシャルメディアのプロモーションによって影響を受ける可能性が高いことを示唆しており、これらは乱れたギャンブルを悪化させる可能性があります。今後の研究では、これらの自己報告結果を行動データで検証する必要があります。しかし、これらの新しいプラットフォームを通じた広告の潜在的な影響は、この行動中毒の形成に潜在的な役割を果たすことを考えると、臨床医と政策立案者によって検討されるべきである。
医師のための臨床サポートサービス
ヒポクラ x マイナビのご紹介

無料会員登録していただくと、さらに便利で効率的な検索が可能になります。

会員限定機能

「ヒポクラ x マイナビ」に会員登録されていない方へ
現在は一部コンテンツをご覧いただけています
サービス開発・運営の改善のために該当する職種をお選び頂けると幸いです

「ソーシャルメディアにおけるギャンブルマーケティングへの暴露と婚約:中等度のリスクと問題のギャンブラへの影響を報告した。」
関連の最新論文

類似論文

類似論文のキーワード

Translated by Google